2007年01月23日

田中義剛さんがそのまんま東を語る

田中義剛ブログ 北海道十勝発花畑牧場通信07-01-23から
オレは言った。「いつか、ビップルームで飲みたいな〜」すると東君は「じゃ、今行くぞ」そういって、オレの手を引いてビップルームに入っていく。モデルとか沢山いるオシャレなパーティーで、どう見てもオレタチ二人は田舎者だ。オレは恥かしいから帰ろうと言った。だが、東君は物怖じしない。そのうち、中でも一番可愛いモデルの女の子をナンパし始めた。
全員が唖然として、それを見ている。そして、みごとにその娘を外へ連れ出したのだ。
オレはただ驚くばかりだった。
外人の多いディスコでは、黒人と踊っている彼女を連れ出そうとして、黒人軍団に追いかけられたこともある。もうやることがめちゃくちゃだ。

その勢いで、当時大人気の女優、かとうかず子さんを口説き落とした。これは誰がみても
釣り合わない。そして、アリが象を倒したような結婚にまた驚いた。

ある日、家に電話したらかとうさんがでた。緊張した。用件を言った。
「あの〜、東君の携帯電話の番号、忘れちゃって、教えてください」
しばらく沈黙ののち、かとうさんは低〜い声で言った。「へ〜、うちの旦那、携帯もってるんだ。へ〜」。オレはとんでもない状況を作ってしまった。

ある日突然オレに言った。「オレはもう夜遊びはやめる。タバコもやめる」
「そしてマラソンをやる」また驚いた。こうと決めたら、すごい行動力だ。
毎日、20キロ走る生活が始まった。

思えば、28歳で東京にいって、芸能界で誰も友達がいなかった。
そんな時、扁桃腺をとる手術をして東京の病院に入院していた。そこに一回しか番組で会ってない東君がお見舞いに来た。照れくさそうに、「お香典」と書いてある封筒を手渡してくれた。
中には、見舞金と「頑張れ」と書いてある手紙が入っていた。
オレはその優しさに涙がこぼれた。東君はそんな人だ。


posted by ヲッチ人 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能タレント
2007年01月22日

そのまんま東vs山田花子

今日のTBSピンポンのテレビ中継のやりとり

山田花子「ご褒美で私を抱いていいのよ」
東「私はもう芸人のボケは受けられない」
posted by ヲッチ人 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能タレント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。